脱毛マシンで作用が変わる!ムダ毛にダメージを与える方法

レーザー脱毛はメラニン色素に作用する

医療脱毛と呼ばれるレーザーを肌に照射する脱毛は、メラニン色素に作用するのが特徴です。このメラニン色素はムダ毛の中に多く含まれているので、肌に当てるだけで毛穴の奥にまで届きます。さらに広範囲のムダ毛を処理しつつ、ムダ毛に与えるダメージも大きいというメリットがあるため、永久脱毛を目指す人が選ぶことが多いです。その反面、日焼けをすると肌の中のメラニン量が増えれるので、施術できないというデメリットがあります。

SHR方式はバルジ領域に反応する

多くの脱毛施術がムダ毛に作用してダメージを与えていくのに対して、SHR方式はバルジ領域に反応するのが特徴です。このバルジ領域は毛の生成に重要な役割を持つ細胞を作るという働きがあり、ここにダメージを与えることで新しくムダ毛が生えるのを防げます。さらにバルジ領域は毛穴の周辺の肌組織なので、毛穴にムダ毛がない状態でも脱毛できるのがメリットです。これにより毎月脱毛をすることができるので、短期間でケアを終わらせることが期待できます。

SSC方式はジェルを塗って脱毛する

SSC方式の脱毛は、ムダ毛の再生率を抑えることができる成分を含んだジェルを肌に塗ってからフラッシュ照射を行います。そのため肌に与える刺激が非常に少ないうえに、ジェルに配合されたヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分の作用によって美肌になれるのが魅力です。顔脱毛やハイジニーナ脱毛は痛みが大きくなりやすいのが悩みですが、SSC方式を利用すれば施術を快適に進めることができます。

医療脱毛と脱毛サロン、この二つの違いはどこにあるのでしょうか。大きな違いは前者はレーザー脱毛という方式であり、医療機関でしか利用できない方式であり、この部分が大きな違いといえます。