わきがってどうして臭うの?

汗をかいた時に脇の下から嫌な臭い匂いがしてくる。そもそもわきがはどうして臭うのでしょうか。私達の体には汗を出す汗腺というものがあります。汗腺には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と言われるものがあります。エクリン腺は体全体に多数存在する汗腺で、運動などをするとサラッとした水のような汗を出します。一方、アポクリン腺は脇や乳輪、耳などに存在し、ベタッとした粘り気のある汗を出します。このアポクリン腺から出るベタッとした汗は、タンパク質や糖質、アンモニアなどが混ざっており、雑菌が繁殖しやすいため臭い匂いを出すのです。

わきがになりやすい人

自分がわきがであるかどうか非常に気になる方もいると思いますが、わきがは必ずしもなるとは限りません。一般的に言われているのは遺伝です。両親がワキガの場合は、高い確率で遺伝すると言われています。その他には、アポクリン腺が多い人もわきがになりやすいと言われています。

わきがの臭いの対処方法

わきがの臭いを改善するためには、まずは服装が大事です。ポリエステルなど蒸れやすい生地の服装はさけましょう。脇に汗をかいてしまったらシートなどでこまめにふき取るようにするのも良いです。また、制汗スプレーやわきが用のクリームなどを使用するのもお勧めです。他には手術で臭いを軽減する事も出来ます。

わきがの手術と病院選び

わきがの手術は、医師が目視によってアポクリン汗腺を取り除く方法と、アポクリン汗腺を目視しないで機械で行う方法などがあります。医師が目視で取り除く方法は、傷口は他の方法に比べて大きくなりますが、一番効果が高いと言われています。また、大手の病院だからと安易に治療先を決めず、診察を受け信頼のおけるお医者さんにお願いするようにしましょう。

わきがは、腋の周辺にあるアポクリンが原因として起こる皮膚疾患の一つであり、外科治療や軟膏、クリームなどによる治療が行われています。