進化している豊胸手術!もうばれる心配はない!?

最新のシリコンバッグはすごい!

昔の豊胸手術で使われていたシリコンバッグは、カップを大きくすることが出来ても形や触感が人工的で違和感が残るものでした。身体が強い衝撃を受けるとシリコンバッグが破損して、中身のジェルが体の中に漏れるリスクもあったので、手術よりもリスクの少ないヒアルロン酸を注入する方を選んだ人も結構いたのではないでしょうか。現在美容整形の現場で使われているシリコンバッグは、本物の胸のような形や柔らかさ、乳腺の弾力を再現できるように改良されていますし、耐久度も大幅にアップしたので破損時のリスクも減っています。破損した時に備えて、シリコンバッグを多層構造にしたメーカーもあるんですよ。手術後に胸がかたくなってしまう、拘縮という現象が起こりにくくなったのも嬉しいポイントです。以前は豊胸手術を受けた人は、横になった時に胸の脂肪が横に流れないので、形状が変化しないからばれやすいと言われていました。でも新しいタイプのシリコンバッグは、姿勢を変えた時に胸が流れる現象も再現可能です。

豊胸手術の傷跡の問題も解決!?

今までの豊胸手術では脇の下などをメスで切開し、その部分を医師が手で直接広げてからシリコンバッグを入れていました。この方法だと脇に大きな手術痕がどうしても残ってしまうので、胸の形に違和感がなくても傷跡から整形がばれる恐れがあります。でも今はファンネル型の挿入補助用の器具を使うクリニックが多くなったので、ほんの少し切開するだけでもよくなりました。脇の手術後もほとんど残りません。

美容整形は今や男性でもするのが珍しくはなくなってきています。内面が大事という人もいますが外見がいいと内面まで明るくなりますし第一印象が良くなることが多いです。