種類には何がある?定期健診とがん検診が有名!!

会社などで定期的に行われる診断

労働基準法の関連法に労働安全衛生法があります。かつては労働基準法の中に含まれていましたが、今は分離されてより細かい規定がされています。建築現場や工場作業員などで労働者が安全に業務を行える法律が定められていますが、その中にあるのが定期健康診断の内容です。こちらは、一般の会社にも適用されるため、多くの会社ではこの基準に則って定期健康診断を行います。身長や体重、視力や聴力などの基本的な検査の他、尿検査や血液検査なども行います。若い人はそれほど項目は多くありませんが、一定年齢以上になると項目を増やして検査を行う必要があります。よく似ている健康診断に雇い入れ時のものがありますが、内容としてはほとんど同じものになります。

がんの症状を発見するための検診

がんは非常に怖い病気で、病気による死亡率において長らくトップを走っています。高齢の人になりやすいイメージがありますが、若い人でも発症します。早期発見、早期治療ができれば完治できる可能性がありますが、症状として出てくる状態の時はすでに進行しているとされています。いかに無症状の時に気付けるかがポイントとされています。そこで行われる健康診断としてがん検診があります。がんの発見を目的とした検診で、各種医療機関で受けられます。今は各自治体もがんの早期発見に努めていて、自治体経由で安価に検診が受けられる仕組みが用意されています。普通に受けようとすると数千円から数万円の負担になりますが、自治体のものだと数百円程度で受けられます。

健康診断なら千葉の医療施設では宿泊プランも用意されている場所もありますので活用するのもおすすめといえるでしょう。